ホルモン療法の種類

ホルモン療法のスタンダード「抗エストロゲン剤」
抗エストロゲン剤は、ホルモン療法で使われる薬の中でも、もっとも汎用されている薬であり、日本だけでなく、世界中で広く使用されてきました。この薬は、乳がんの増殖を促すエストロゲンがエストロゲン受容体(ER)と結合するのを妨げることにより、ホルモン依存性の乳がんの増殖を抑える作用をもち、多くの臨床試験で乳がんの縮小効果や再発抑制効果が確認されています。閉経状況を問わず効果を示します
抗エストロゲン剤は、もともと閉経後乳がんの方しか適応がありませんでしたが、最近ではホルモン療法剤の種類が増え、閉経状況によって使い分けられるようになっています。
閉経前の人の治療に用いられる「LH-RHアゴニスト製剤」
閉経状況別に用いる薬剤として、閉経前の人にLH-RHアゴニスト製剤があります。
上図のように、閉経前の人では、卵巣機能が働いていますので、乳がんの細胞を増殖させるエストロゲンは、主に卵巣で作られます。 
"LH-RH製剤"には、卵巣でエストロゲンを作ることを促す下垂体のホルモンの働きを抑える作用があります。このため、閉経前の患者さんにこの薬を皮下注射すると、卵巣におけるエストロゲンの産生能が低下して、体内のエストロゲンの量が減少し、ホルモン依存性の乳がんの増殖が抑制されます。
閉経前の患者さんでは作用の増強を期待してLH-RHアゴニストと抗エストロゲン剤を併用することが標準治療の一つになっています。
閉経後の人の治療に用いられる「アロマターゼ阻害剤」
卵巣機能が低下した閉経後の人では、前ページの図のように、乳がん細胞の増殖を促すエストロゲンは、副腎から分泌された男性ホルモンをもとに脂肪組織などで作られます。"アロマターゼ阻害剤"は、男性ホルモンからエストロゲンを作るときに必要な酵素(アロマターゼ)の働きを抑える作用があります。このため、閉経後の患者さんにこの薬を投与すると、体内の脂肪組織や乳がん近くに存在するアロマターゼの働きが阻害されるので、エストロゲンの産生が低下し、ホルモン依存性という特徴をもつ乳がん細胞の増殖が抑制されます。 
最近では、抗エストロゲン剤に代わる治療法として、閉経後の患者さんに広く使用される傾向にあります。

ホルモン療法の投与方法

外来通院で治療できます
乳がん治療というと入院しながら治療というイメージがあるかもしれませんが、ホルモン療法剤は、抗エストロゲン剤やアロマターゼ阻害剤のように毎日、経口投与するものと、LH-RHアゴニスト製剤のように4週、12週、24週ごとに1回、皮下脂肪内に注射するものがあり、いずれも外来通院で治療できます。
一般的な投与期間としては、抗エストロゲン剤やアロマターゼ阻害剤は5年以上、LH-RHアゴニストは2~3年以上を目安としますが、病気の程度や薬の使い方によって異なりますので、詳しくは医師に御相談下さい。

ホルモン療法剤の投与法と主な副作用
ホルモン療法に使われる薬は、他の薬同様に副作用のリスクがあります。具体的には、以下のような症状が考えられます。また、骨粗鬆症のリスクも考えられますので、カルシウム剤やビタミン剤を併用することもあります。詳しくは医師や薬剤師に御相談下さい。

術後のフォローアップについて

当クリニックでは、多くのがん専門病院や拠点病院などと連携して、乳がん術後の患者さんの経過観察を行っています。検査が必要な場合にMRI検査やCT検査、マンモグラフィ検査なども行い、がん専門病院と同様のクオリティの高い術後フォローアップを可能にしています。


TOPへ