エコー検査の様子被ばくがなく、年齢・性別を問わず実施できる乳がん検査です。

エコー検査(超音波検査)は、乳腺用の超音波診断装置を用いて、乳房内部に出来たしこりについて良性、悪性を調べる検査です。

早期発見のための検査は、一般的にはエコー(超音波)を用います。

乳腺エコー検査画像エコー検査では、悪性腫瘍である乳がんが存在する場合、高い確率で発見することが出来ます。また、若年者の乳腺は、マンモグラフィ(乳房X線検査)では分かりにくい場合が多く、エコー(超音波)検査が有効です。年齢が30歳以上の方は、石灰化による乳がん病変を探索する為にマンモグラフィ検査を同時に行います。

エコー(超音波)とマンモグラフィによる検査で大抵の乳がんは補足できますが、一部の乳がんは判別できません。そこを埋めるのは乳腺MRI検査になります。

 エコー検査の特徴

超音波検査では、乳房を圧迫する必要がなく痛みも全くありません。
超音波を使用しているため、X線を用いる検査(マンモグラフィ)のような被爆はありませんので、妊娠中の方でも安全に検査を受けることができます。

超音波検査は特に“腫瘤”の検出が得意ですが、マンモグラフィが得意な“石灰化”の検出は劣ります。マンモグラフィのみでは腫瘤検出が困難な乳房の場合、超音波検査を併用することで乳癌検出率は上がります。

40歳以上の方でマンモグラフィの背景乳腺濃度が“高濃度乳腺”あるいは“不均一高濃度”に該当する場合は、マンモグラフィ+超音波併用での検診が望ましいです。

エコーを用いた、乳がんであると確定診断する検査

乳がんと確定診断するための検査にも、エコー検査(超音波検査)は用いられます。
病変の一部を採取し、細胞を顕微鏡でみてがん細胞であるかどうかを判断します(細胞診、組織診)。

当院で行う細胞診又は組織診は以下のものです。

検査1:穿刺吸引細胞診 エコー(超音波)ガイド

超音波を見ながら、病変に細い注射針(採血で使う針と同じ太さです)を刺して細胞を吸引して調べる検査です。細胞診は比較的侵襲の少ない検査ではありますが、100%診断がつくというわけではありません。

検査2:針生検(組織診)エコー(超音波)ガイド

皮膚に局所麻酔を十分に行い、超音波検査で病変を確認しながら、病変に専用の太針を刺し、組織を採取する検査です。
この検査による出血は、たいてい圧迫すると止まりますし、帰宅してから出血するケースは滅多にありません。翌日から入浴や飲酒、運動など可能になります。

検査3:バコラ生検(吸引型組織診)エコー(超音波)ガイド又はMRIガイド

基本的に針生検と同じですが、針生検との違いは、さらに太い針を用いることと吸引機能が付いていることで、1回の穿刺でより多くの検体が採取できることなどが挙げられます。傷も3~4mmと小さく、外科的切開生検のように乳房の変形などは起きません。検査後の出血や血腫形成を防ぐためにも検査後1時間ほど安静にして異常のないことを確認後ご帰宅としております。

エコーを用いた、進行度や広がりを診断する検査

乳がんがあると確定した後には、乳がんの進行度や広がりを確認して治療方針を決定します。このがんの進行度や広がりを調べる検査としては、乳房MRI検査を用います。

進行度や広がりを診断する際、エコー(超音波)は、マンモグラフィ検査やMRI検査と併用して行われます。
エコーを乳房に当てて、その反射波でしこりの存在と内部の様子を確認します。放射線ではないので、被曝の心配なしに、繰り返し検査することができます。
しこりの性質(水分か固形腫瘍かの区別、良性のものか悪性のものかなど)もある程度はわかります。

 

乳腺外来で実施する乳がんの検査

 

 


TOPへ