乳腺症自体は病気ではありませんが、
画像診断では病変として指摘されることがあります。

乳腺症は、一般的には女性の成熟期(30代~50代)に好発し、閉経後には減少する疾患です。
乳房の硬結、腫瘤、痛みや乳頭分泌など様々な症状を呈することがあり、これらの症状は成熟期女性の乳腺のホルモン環境による生理的変化に起因します。年齢的変化のひとつであり、原則“病気”としては扱われません。

乳腺症の主な症状

・乳房の痛み
・腫瘤(しこり)
・乳頭分泌
 など

乳がんと見分けがつきにくい場合は生検で確認します

ひとくちに乳腺症といっても、その組織像は乳腺上皮と間質の増生、退縮や化生などの変化が複合してみられることから、結果としてマンモグラフィや超音波検査の画像所見も様々なタイプがあります。マンモグラフィでは主に石灰化病変として指摘されることが多く、また超音波検査では低エコー域、嚢胞が散在している、時には腫瘤様病変としても指摘される場合があります。

ただし、乳癌(硬癌)との見分けがつきにくい硬化性腺症タイプの乳腺症では、その内部に硬化性腺症内癌を含む場合があることから生検での確認が必要です。

乳がんに似た症状のある病気


TOPへ