乳腺嚢胞とは、乳管内の分泌物が袋状に貯まっている状態です。主に35~50歳の方にみられます。

乳腺嚢胞は閉塞した乳管内の分泌物が袋状に貯留したもので、分泌と吸収の不均衡から生じると言われています。好発年齢は35~50歳です。

マンモグラフィでも存在部位や大きいものでは円形腫瘤として描出されますが、一般的には超音波検査で偶然見つかることが多いです。大きい場合や乳房皮膚側に存在する場合は軟らかい腫瘤として触れることもあります。貯留した分泌物が緊満すると乳房に張りを感じる場合もあります。

乳腺嚢胞の主な症状

・乳房の張り
・やわらかい腫瘤(しこり)

乳腺嚢胞は加齢とともに消失します。
ただし、嚢胞内に細胞成分がある場合は精査を行います。

単純に分泌物が溜まっているのみの単純性嚢胞であれば、精査や経過観察の必要はありません。閉経期を過ぎると縮小、消失していきます。

嚢胞内に充実部分(細胞成分)が確認できる場合は嚢胞内腫瘍(嚢胞内癌を含む)の可能性があり精査が必要となります。

乳がんに似た症状のある病気


TOPへ