主に35~50歳の方にみられる良性腫瘍です。
乳頭からの分泌が主な症状です。

乳管内乳頭腫は30~50歳代の女性に好発する良性腫瘍で、患側の漿液性(※1)もしくは血性(※2)乳頭分泌を主訴として受診されることも多いです。
乳頭近傍に存在する中枢型乳頭腫は単発が多く、末梢型は多発が多いと言われています。

マンモグラフィでは境界明瞭な腫瘤や微小石灰化にて認識され、また超音波検査では境界明瞭な充実性腫瘤もしくは充実成分を伴う嚢胞性病変としてとらえられます。

(※1)薄い黄色や透明なもの (※2)赤または茶褐色の血液が混じったもの

乳管内乳頭腫の主な症状

・乳頭分泌
・腫瘤(しこり)

医師の判断により生検を行います

非浸潤性乳管癌(嚢胞内乳頭癌)とは画像所見での類似点が多く、鑑別が困難なこともありますので、ケースによっては生検にて確認する必要があります。

乳管内乳頭腫と診断された場合、すぐに手術の必要はありませんが、血性分泌が続いたり、画像上悪性の可能性が否定できず全体像を確認する必要がある場合は摘出も考慮されます。

乳がんに似た症状のある病気


TOPへ