葉状腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。
似た疾患もあるため、検査で詳しく調べていきます。

葉状腫瘍は比較的稀な結合織性および上皮性混合腫瘍の一つで、良性から悪性まで存在します。

マンモグラフィや超音波検査では類円形あるいは分葉状腫瘤として描出されることから、同じ系統の腫瘍性病変である線維腺腫との鑑別が問題となります。典型例では超音波検査で腫瘤内部にスリット構造(葉状構造)が認められます。また、急速に増大する場合は葉状腫瘍を疑います。

葉状腫瘍の主な症状

・腫瘤(しこり)が急速に大きくなる

まず、葉状腫瘍と似ている線維腺腫と鑑別する必要があります。
葉状腫瘍と診断された場合は、原則として切除が勧められています。

葉状腫瘍を疑う場合は線維腺腫との鑑別が必要であることから、通常の針生検(CNB)ではなく吸引式乳房組織生検(VAB)や摘出生検での診断が望ましいです。病理学的に線維腺腫との鑑別が難しいこともあり、特にCNBでは過小評価(線維腺腫と診断されてしまう)になってしまうことがあるためです。

葉状腫瘍と診断された場合、サイズが小さい場合は経過観察も可能ではありますが、原則切除が勧められています。20~30%の高い局所再発率、また再発を繰り返すにつれ悪性化すると言われています。局所再発を防ぐため病変の完全切除が求められることから、十分なマージン(腫瘍周囲の正常組織)をつけての部分切除、あるいはサイズが大きい場合は乳房全摘が必要となります。

乳がんに似た症状のある病気


TOPへ