血性乳頭分泌で見つかった乳癌


 先日のブログで、“乳頭分泌”を訴えて受診する患者さんが多いことに触れ、特に若い患者さんではその多くが皮膚のトラブルで、乳頭分泌でないことが多いと書きました。そんな中、典型的な“血性乳頭分泌で発見される乳癌”の患者さんが先日来院されました。

 患者さんは30歳代半ばの元気な方で、10日ほど前ブラが茶色っぽく汚れていることに気づき、乳頭を搾ってみると血が出てきたため驚いて受診されました。これまで乳がん検診歴はなかったそうです。
 
 視触診をしてみると、両側乳房ともにしこりは触れませんでした。また、先日書いたような乳頭乳輪部皮膚のただれや乾燥など皮膚異常も全くありません。しかし、乳頭をつまむと乳管口(乳頭にあるミルクの出口)からやや茶色がかった血液がしずくのように出てきました。これが本当の乳頭分泌です。しかも、血性乳頭分泌でしたので乳癌を含めた病変の存在が疑われます。さっそくマンモグラフィと超音波検査で確認しました。マンモグラフィは異常ありませんでしたが、超音波検査では右乳頭直下に内部エコーを伴う乳管拡張像を認めました。乳管の中に何らかの腫瘍性病変を示唆する所見(乳管内病変疑い※)でしたので、生検を実施したところ“非浸潤性乳管癌/DCIS”の結果でした。

 白色や透明なものは乳腺外科的な病気の可能性は低いですが、この患者さんのように茶色や赤色を呈する血性分泌や、黄色透明の漿液(しょうえき)性の場合は何らかの病気を考える必要があるので乳腺外科での検査が必要です。

 血性乳頭分泌でも問題ないこともありますが、乳腺外科的な病気によるものなら、典型的にはマンモグラフィでは“石灰化”、超音波検査では“乳管内病変”、マンモグラフィと超音波検査いずれでも“乳頭直下または近傍の腫瘤像”が確認できると思います。分泌の色調などは一般の方が判断するのは難しい場合もあると思いますので、乳頭分泌を心配されている方は一度受診してみてください。


 
※乳管内病変とは分泌物を運ぶ乳管内にできる腫瘍性病変で、主に良性では乳管内乳頭腫、悪性では非浸潤性乳管癌があります。いずれも血性乳頭分泌を呈することがあります。画像のみでは良性か悪性かの判断が難しい場合があり、生検が必要となります。