乳がんの初期で症状はあるか

Posted on


これは乳がんの初期症??

 昔と比べて、最近では“痛み”や“痒み”と言った症状で乳がんを心配して乳腺外科を受診される方が明らかに増えています。そんな方からよく伺うのが『痛い、痒いと乳がんかもしれないから乳腺外科を受診するように』とインターネットに書いてあったのでということです。

 以前も、このブログで書いたことがありますが、痛みの症状だけで受診してたまたま乳がんが見つかることが当院でもないわけではありませんが、痛いくらい、痒いくらいの乳がんがもし存在するなら、それ以外に乳がんと思われるしこりがおそらく一般の方でもわかるくらいに育っていると思います。

更年期障害と乳房や乳首(乳頭)の痛み

 少し前に、50歳代の患者さんが『痒くて痛いのですが、その症状だと乳がんとネットに書いてあったので』と心配して受診されました。その患者さんは毎年マンモグラフィ+超音波併用検診を受けており、半年ほど前に異常なし、また当院を受診される1ヶ月ほど前にも同じ症状で別の乳腺外科を受診されて問題ないと言われたのですが、やはり乳がんかもしれないと受診したとのことでした。

 1ヶ月前にも検査を受けているので、当院でまた検査するのもどうかとは思いましたが、患者さんから画像での確認を強く希望されましたので、画像で確認しました。やはり、何もありませんでした。何とか、私なりに理解していただけるよう説明してはみましたが、インターネットで医療情報が氾濫しているこのご時世、一般の方がその情報を取捨選択し、正しい理解に繋がっているかは多いに疑問です。

 胃癌や大腸癌、肺癌、他でもそうですが、そもそも早期癌でも痛みでわかるくらいであれば、検診を受けていなくても皆さん早期癌で発見されるでしょう。そうではないから、本当に癌による症状が出てから病院を受診すると、それなりのしっかりした(ある程度進行)病気になってしまっていることが多いのです。そして、その症状がない早期癌、治療すれば十分治る見込みのある癌を見つけるために存在するのが検診なのです。

 私が診療をしていて、自分で乳がんによる症状を訴えて受診され、本当にその方が乳がんである場合、そのほとんどが“しこりがある”です。(他にも、血性乳頭分泌などいくつかはありますが)痛みを訴える方はそれなりに大きなしこりのある方です。また、痒みについては、通常かなり進行して皮膚にも浸潤している(皮膚が赤くなったり、皮膚組織が癌で変化している)くらいの方は訴えることがありますが、単に触れるだけの乳がんくらいでは起こりません。

 とにかく、症状を心配して受診するより、症状がない状態で定期的な乳がん検診を受けることが何より大切なことであると、おそらく乳がんの症状を検索していてこのブログに辿り着いたであろう、私のブログの貴重な読者さんには強く訴えたいです。

定期的な乳がん検診をうけることが大切です

The following two tabs change content below.
当院常勤医、日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医
最新記事 by 医師 遠藤 まり子 (全て見る)

当ブログについて

JR東京駅徒歩4分・地下鉄日本橋駅徒歩1分、AIC八重洲クリニック 乳腺外科のブログです。 乳腺外科医が、乳がんなどの乳房・乳腺の疾患について、わかりやすく解説いたします。
>>日々の診療より

最近の投稿

RSS 脳神経外科ブログ

RSS 循環器内科ブログ

RSS 睡眠時無呼吸症候群ブログ

アクセス

住所
東京都中央区日本橋2-1-18
AIC八重洲クリニックビル

電話番号
03-6202-3375

診療時間
月〜金: 9:00 – 18:00

リンク