乳腺腫瘤とカテゴリーについて

Posted on


 乳がん検診のマンモグラフィ、超音波検査のいずれでも代表的な所見として“腫瘤”があります。所謂“しこり”のことですね。おそらく乳がん検診を受けたことがある方なら、精密検査になったかならないかは別に、“乳腺腫瘤”と結果表に記載されていたことがある方も多いのではないでしょうか?特に超音波検査では何らかの腫瘤を指摘することは多くあります。

 “腫瘤”を指摘した場合、それが精密検査対象かどうかを“カテゴリー”付けして判断します。カテゴリーは5段階、1から5まであり、カテゴリー1は正常(腫瘤なし)、
カテゴリー2は明かな良性腫瘤で精密検査対象ではありません。原則カテゴリー3以上が精密検査対象となります。カテゴリー4や5は乳がんの可能性が高い所見ですが、カテゴリー3については、ほとんど良性ほんの少しだけ乳がんの可能性もあるので念のため調べるというものです。

乳腺_ブログ_マンモカテゴリー分類表

 このカテゴリー付けについては、その腫瘤がどのような見え方をしているか、例えばマンモグラフィであれば主に腫瘤の境界がどのように見えるか、境界明瞭(境界が一本腺で引けるくらいクリア)、微細鋸歯状(のこぎりの歯みたいにギザギザ)、微細分葉状(空の雲みたいにモコモコしている←うまく表現できませんでした。。。)などで判断します。超音波検査ではさらに細かい様々な所見を踏まえてカテゴリー付けします。意外と大変な作業だったりします。

 最近は、特に若い方では超音波検診を受けて“乳腺腫瘤、要再検査”などの結果で受診される方が多いのですが、超音波検査できちんとカテゴリー付けすればどう頑張ってもカテゴリー2にしかならない像でも再検査や精密検査となっていることが非常に多いです。

もちろん、カテゴリー3以上の方もいらっしゃいますが、“乳腺腫瘤、精密検査”と結果表に書いてあっても、全く心配ないことも多いですので、そんなに不安にならずにまずは乳腺外科を受診してくださいね。
あと、きちんとカテゴリーが記載されている検診結果を頂ける施設での検診がおすすめです。読影医によってカテゴリーの数字は異なることもありますが、画像所見をきちんとみて判断しているというひとつの判断材料になりますので。

不安にならずにまずは乳腺外科を受診してください

The following two tabs change content below.
当院常勤医、日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医
最新記事 by 医師 遠藤 まり子 (全て見る)

当ブログについて

JR東京駅徒歩4分・地下鉄日本橋駅徒歩1分、AIC八重洲クリニック 乳腺外科のブログです。 乳腺外科医が、乳がんなどの乳房・乳腺の疾患について、わかりやすく解説いたします。
>>日々の診療より

最近の投稿

RSS 脳神経外科ブログ

RSS 循環器内科ブログ

RSS 睡眠時無呼吸症候群ブログ

アクセス

住所
東京都中央区日本橋2-1-18
AIC八重洲クリニックビル

電話番号
03-6202-3375

診療時間
月〜金: 9:00 – 18:00

リンク