乳がんのセルフチェック

ホーム >  乳がん検診・ドック >  乳がんの基礎知識 >  乳がんのセルフチェック

乳がんのセルフチェック(自己診断)


乳がんのセルフチェック(自己診断)をする場合は、月に一回、生理が終わってから4~5日後に行うのが良いタイミングといわれています。閉経されている方は、毎月の日にちを決めておくと便利です。

自己診断の方法は以下の通りです。


1.鏡の前で「見える異常」がないか調べる

左右の乳房や形に変化がないかを調べます。
鏡の前で、手を下した姿勢と手を上げた姿勢の両方でチェックをしてみてください。

①皮膚にひきつれや凹みはないか
②皮膚がただれたり色が変化していないか
③乳首が陥没したりしていないか


2.乳房を触ってしこりの有無を調べる

片腕を上げ、腕を上げているほうの乳房を、指3本(人差し指・中指・薬指)で触って、しこりの有無を調べます。

①左図 3本の指で、矢印の方向へ横に滑らせるようになぞって調べます ②右図 乳房の外側から、うずまきを描くように乳首まで満遍なくなぞります


3.乳首をつまんで調べる

左右の乳首を軽くつまみ、血や透明な液などの分泌物が出てこないかを調べます。 しこりがなくても分泌がある場合は検査を受けましょう。


4.わきの下を触ってしこりの有無を調べる

わきの下のしこりの有無を調べましょう。わきのリンパ節は乳がんが進行した際に転移しやすい場所です。


5.仰向けに寝た状態で触ってしこりの有無を調べる

仰向けに寝た状態で、背中に畳んだバスタオルや低めの枕などを入れて調べます。

①両方の乳房をしっかり調べます ②このとき胸の下も調べましょう

  • NPO法人乳がん画像診断ネットワーク
  • 一般社団法人乳腺画像・研究診断支援グループ
  • 日本乳癌検診学会 乳房MRIをスクリーニングやドックとして使用する際のガイドライン
  • 乳腺外科医のブログ 女性のための健やか便り