乳腺MRI・精密検査

乳腺外来で実施する乳腺MRI検査について

強い磁力を発生するMRI装置を用いて、乳房の病巣を画像化し、診断する検査のことです。

乳房にできた腫瘍と正常な乳腺組織とを鑑別できます。
MRI検査には、撮像条件を変えて画像のコントラストを調節でき、また、縦・横・斜めなど、任意の方向からの断層画像を得ることができるという利点があり、

乳がん診療においてはマンモグラフィ検査や超音波検査よりも精度が高い「乳腺MRI」が有用と考えられています。

エコー検査やマンモグラフィ検査で良悪性の判定が一致しない場合等、医師が必要と判断した場合に、乳腺MRI検査を実施いたします。



◆乳がんのセルフチェックで気になる部分があり、当外来を受診された場合
診察を行い、必要に応じて、エコー検査やマンモグラフィ検査を実施し、 MRI検査が必要と医師が判断した場合に、乳腺MRI検査を実施いたします。

◆乳がん検診で再検査・精密検査にて当外来を受診される場合
他施設で実施した乳がん検診のマンモグラフィ検査にて、経過観察、再検査で当クリニックを受診される方は、 エコー検査やマンモグラフィ検査の画像と診断結果をご持参ください。 ご持参いただいた画像・診断結果を確認し診察を行います。

医師診察にて追加の検査が必要と判断した場合は、検査(エコー検査やマンモグラフィ検査、MRI検査等)を実施いたします。

乳腺MRI検査については、乳がん検診のページでご紹介していますので、そちらをご参照ください。 https://breast-imaging.mri-mri.com/admin/doc/doccheck/mri/

  • NPO法人乳がん画像診断ネットワーク
  • 一般社団法人乳腺画像・研究診断支援グループ
  • 日本乳癌検診学会 乳房MRIをスクリーニングやドックとして使用する際のガイドライン
  • 乳腺外科医のブログ 女性のための健やか便り