嚢胞の周辺が痛くて心配な時は

嚢胞のあたりに痛みを感じて心配です

 40歳代後半の患者さんが“嚢胞が痛い”と受診されました。少し前に乳がん超音波検診で“嚢胞”を指摘され、要精査の結果ではなかったものの気になって乳癌治療の専門的な病院を受診、そのまま放置しておいて問題ないと言われたそうです。しかし、3cmほどの嚢胞のあたりに痛みも感じるため心配と当院を受診されました。

 以前のブログでも触れていますが、嚢胞は分泌物が袋状に溜まったもので、超音波検査をすれば若い方から閉経前後の年齢の方に指摘されることの多い良性所見の一つです。

乳腺嚢胞

 “小嚢胞集簇”や“嚢胞内腫瘍”など“嚢胞”という文字が含まれていても悪性の可能性を否定できない、精査が必要な所見が一部にありますが、単純な“嚢胞”であれば、大きくても、たくさんあっても乳腺外科的な治療が必要な病気ではありません。特にこの患者さんのように閉経期になってくると、乳腺症性変化として嚢胞がたくさんできてくることがあります。さらに年齢を重ね、乳腺が萎縮してしまうと嚢胞も消えていきますので、基本的には前医の指示通り“そのまま放置”するものです。

 当院でも単純性嚢胞と診断した場合には精査や治療の必要がないことを説明させていただいております。(内容に血液成分や膿などの存在が疑われる場合や、充実部(しこり)が存在する可能性があるなど単純性嚢胞と断定できない場合には、内容物を穿刺吸引※1して確認、場合によっては細胞診を実施することもあります。)

 この患者さんにも、前医の説明の通り問題ないと説明させていただいたところ安心してくださいました。ただ、今回のように比較的大きな嚢胞が痛いと受診される患者さんが時々いらっしゃいます。嚢胞自体が痛いというより、そのようなものができる乳房の環境(乳腺症)だったり、嚢胞によって周囲を圧排することによる張りや痛みが生じていると考えます。嚢胞を穿刺吸引している施設もあるようで、『前に分泌液を抜いてもらったら、楽になった』と患者さんから言われることがあり、当院でも嚢胞が大きい場合は患者さんの希望によりごくまれに穿刺することもあります。ただし、明らかに単純性嚢胞と診断できる場合、基本的には穿刺は必要ないものですのでこちらから勧めることはありません。また、溜まりやすい部分でもありますから、またすぐに同じような大きさに戻ってしまう場合もありますので、むやみに穿刺はいたしません。

※1注射器で内容物を吸引、採取すること

忙しい方こそ乳がん検診を受けたほうが良い!?

 乳癌は今や日本人女性の11人に1人が罹患するといわれるほど、昔と比べると患者さんが増えている病気の一つです。診療をしていると『何をすると乳癌にならないですか?』とか『○○をしたから乳癌になったのでしょうか?』などよく質問されます。この前、乳癌と診断した患者さんから、『4本足の動物のお肉を食べているから乳癌になったのでしょうか?』と質問されました。以前も患者さんから同じことを言われたことがあり、よくインターネットに書いてある情報だそうです。

 喫煙、運動や脂肪食などのライフスタイル、または一部の遺伝子異常など乳癌発症との関連性に確かな裏付けがある因子もあります が、多くの患者さんでは様々な因子が複合的に重なりあって“乳癌”という結果を招くと考えるのが妥当で、何かひとつに原因を求めることは困難です。
“適度な運動と健康的な食生活を!そして定期的な乳がん検診を” という誰でも言えそうなこと、生活習慣病を扱う外来や一般健診でも言われそうなことが、乳癌を心配される方へのアドバイスとして現時点で最善なものではないでしょうか。

 ただ、私の肌感覚でしかないですが、ずっと仕事でストレスが多かったとか、家庭の問題で大変だったという患者さんに乳癌と診断し、伝えなければいけないことが多いと感じることがあります。もちろん、“患者”になった方から伺うことですので、かなり大きなバイアスがかかっていると思いますが、乳癌だけでなく様々な病気とストレスには少なからず繋がりがあると考えることは妥当なことではないでしょうか。

 人間の体には体内時計が存在し、1日を1サイクルとして身体の機能を動かしたり、休ませたり正しいリズムでまわっていて、このサイクルを乱すような生活をしていると睡眠障害や胃腸障害など身体の基本的な機能に障害が出てくることが明らかになっています。また乳癌に関連しては、夜勤シフトのある業務従事者は(看護師、国際線のフライトアテンダントなど)、乳癌リスクが高まると以前より言われていました。(最近の研究結果でアジア人には統計学的な差は出ませんでしたが。)やはり、不規則な生活が免疫機能など身体の基本的な機能に影響を及ぼしてしまうことに起因します。

 仕事をコントロールしたり、何らかのストレスをすっきり取り除くということは、日々生活している中ではとても難しいことだと思います。なるべく、そうなるように努めることは大切ですが、乳癌は手術できる段階で見つかれば十分治る病気ですので、『検診に行くのも時間もない!』『疲れていて行く気もしない。。。』と思っている皆さんほど、せめて1年に1回は乳がん検診を受けるようにしていただきたいです。

血性乳頭分泌で見つかった乳癌

 先日のブログで、“乳頭分泌”を訴えて受診する患者さんが多いことに触れ、特に若い患者さんではその多くが皮膚のトラブルで、乳頭分泌でないことが多いと書きました。そんな中、典型的な“血性乳頭分泌で発見される乳癌”の患者さんが先日来院されました。

 患者さんは30歳代半ばの元気な方で、10日ほど前ブラが茶色っぽく汚れていることに気づき、乳頭を搾ってみると血が出てきたため驚いて受診されました。これまで乳がん検診歴はなかったそうです。
 
 視触診をしてみると、両側乳房ともにしこりは触れませんでした。また、先日書いたような乳頭乳輪部皮膚のただれや乾燥など皮膚異常も全くありません。しかし、乳頭をつまむと乳管口(乳頭にあるミルクの出口)からやや茶色がかった血液がしずくのように出てきました。これが本当の乳頭分泌です。しかも、血性乳頭分泌でしたので乳癌を含めた病変の存在が疑われます。さっそくマンモグラフィと超音波検査で確認しました。マンモグラフィは異常ありませんでしたが、超音波検査では右乳頭直下に内部エコーを伴う乳管拡張像を認めました。乳管の中に何らかの腫瘍性病変を示唆する所見(乳管内病変疑い※)でしたので、生検を実施したところ“非浸潤性乳管癌/DCIS”の結果でした。

 白色や透明なものは乳腺外科的な病気の可能性は低いですが、この患者さんのように茶色や赤色を呈する血性分泌や、黄色透明の漿液(しょうえき)性の場合は何らかの病気を考える必要があるので乳腺外科での検査が必要です。

 血性乳頭分泌でも問題ないこともありますが、乳腺外科的な病気によるものなら、典型的にはマンモグラフィでは“石灰化”、超音波検査では“乳管内病変”、マンモグラフィと超音波検査いずれでも“乳頭直下または近傍の腫瘤像”が確認できると思います。分泌の色調などは一般の方が判断するのは難しい場合もあると思いますので、乳頭分泌を心配されている方は一度受診してみてください。


 
※乳管内病変とは分泌物を運ぶ乳管内にできる腫瘍性病変で、主に良性では乳管内乳頭腫、悪性では非浸潤性乳管癌があります。いずれも血性乳頭分泌を呈することがあります。画像のみでは良性か悪性かの判断が難しい場合があり、生検が必要となります。

乳がん検診 マンモグラフィ検査結果の「構築の乱れ」とは?

 マンモグラフィ検診で再検査が必要な異常所見のひとつに“構築の乱れ”があります。何だか怪しそうな感じですよね。
 私がマンモグラフィを読影していてこの所見があった場合、たぶん乳癌だと考えます。乳腺が硬くなるような良性の疾患でも同じ所見になりますが、いずれにせよこの所見を呈する病変については生検で確認する必要があります。

 構築の乱れとは簡単にいうと正常より硬くなってしまっている何かが存在することを示唆します。正常な他の部分より硬いので、そこだけ伸びが悪くタオルを絞ったようにギュッとゆがんだ像になります。これが“構築の乱れ”です。

 当院にも、時々この“構築の乱れ”を指摘された患者さんが受診されます。皆さん、事前にインターネットで検索して乳癌と言われるに違いないと心配しながら受診されます。しかし、持参していただいた検診時のマンモグラフィを確認すると“構築の乱れ”と指摘できる画像は残念ながらと言っていいのか?わずかしかなかったりします(患者さんにとっては良いことですが)。念のため超音波検査をしても、やはり異常なしです。構築の乱れは検診レベルであまり多く経験する所見でないのかわかりませんが、なんだかなと思ってしまいます。構築の乱れと結果表に書いてあると、乳腺外科医としては緊張が走りますが、画像をみて少し拍子抜けしてしまったりします。

 一方、本当にマンモグラフィで“構築の乱れ”があるような患者さんには、乳房が硬くなったとか、しこりがあるとか自覚症状があることも多いです。
 実は昨年、2人の患者さんでちょっと驚く経験をしました。2人とも、片方の乳房全体が硬くなって気になったので、直近であった健診にオプションでマンモグラフィ検診をつけたそうです。その結果は“異常なし”だったものの、やはりどうしても気になるということで受診されました。すると、2人とも視触診では私が触って確認する必要もないくらい片方の乳房が全体的に変形していました。そして、持参してもらった検診マンモグラフィ画像をみてみると、異常のある乳房全体に明らかな“構築の乱れ”がありました。この2名とも、乳癌の中で構築の乱れで発見されることの多い小葉癌でした。患者さんになんと説明すればよいか、とても悲しい気持ちになったことを覚えています。

 本当に構築の乱れが存在する場合は乳癌の可能性が高く、また自覚症状がない場合もありますので、検診で指摘された患者さんは必ず乳腺外科を受診してくださいね。

乳腺腫瘤の再検査― 生検について

 乳腺腫瘤が見つかり、悪性の可能性が考えられる場合、針を使った検査(病理学的診断)を行う必要があります。針生検や細胞診と言われるものです。

 当院でもそれらを行っていますが、最近患者さんから“すごく痛いって聞いたから。。。”と言われることが増えてきたように感じます。以前は、そんなこともなかったのですが、検査前にネットで調べると痛い検査だと書いてあったそうで心配顔で受診されます。検査をする側、される側ではもちろん感じ方は違うと思いますが、私が日々検査をする中で、実際検査を受けられた患者さんから伺う痛みの感じ方とは何となく解離した印象があるように感じますので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

 まず“針”を使う乳房の検査には大きく分けて細胞診と組織診があります。

細胞診

一般的な“注射”で使用するような針を使って、病変の細胞を採取する検査です。正常、良性の細胞かまたは悪性の細胞かを診断します。(クラス1~5の5段階 1は正常細胞、5は明らかな悪性細胞)
典型的には乳癌なら“クラス5”、線維腺腫なら“クラス2”と出る。組織型までは断定できない。(ただし、推定組織型として出ることもあります)
 当院では細胞診は良性が強く疑われる場合(多くは患者さん希望をふまえて)、良性であることを確認するために実施することも少しはありますが、実際は乳房にはあまり実施せず、乳癌の患者さんのリンパ節転移が疑われる場合、リンパ節より細胞診を実施することがほとんどです。

組織診

注射の針よりは太い“生検針”を用いて病変をある程度の塊で採取して、その病名を診断する。例えば乳癌なら“乳癌”、線維腺腫なら“線維腺腫”と診断できる。画像で乳癌が疑われる場合は組織診が必要。
 当院では乳癌が疑われる、または良性でも摘出など治療が必要と考えられる病変に組織診を行います。組織診はさらに針生検と吸引式組織生検の2種類あり、通常は針生検を行いますが、病理診断が困難なことが予想される場合など、通常より診断に組織量が多く必要と考えられる場合には針が太めの吸引式組織生検を行っています。

 私の経験上、組織診を行う時に患者さんから強い痛みを訴えられることは多めに数えても10人に1人もいません。乳房の組織診はまず、生検針を入れる部分の皮膚と乳房内の病変の近くに抜歯の時と同じように局所麻酔をします。その後、メスを用い皮膚に5mmまでの切開を入れ、そこから生検針を差し込み病変の一部を採取します。

 この中で、一番痛みを訴えられるのは、局所麻酔をする時のチクチクした痛みです。実際、多くの患者さんはこの時が一番痛くて、その後は“バチンバチンと音がしたけど、痛みはよくわからなかった”とおっしゃいます。もちろん、麻酔の効き方には個人差があり、また乳房の中では乳頭部は他と比べて神経が発達していますので、乳頭乳輪下付近に病変がある場合はその他と比べて痛みを感じることがあるかも知れません。ただし、やはり多くは局所麻酔の痛みを頑張っていただければそれ以降は大丈夫です。安心してください。

 これと比較して、細胞診は注射器で20秒前後チクチク針を動かしながら細胞を採取します。細胞診でも局所麻酔をしている施設もあるようですが、多くの施設では(当院でもそうですが)麻酔はせずそのままチクチクします。どちらかというとこのチクチクの方が時間もある程度かかり、不安も相まって痛みを感じるかも知れません。

 いずれにせよ、例外もありますが“注射のチクチクを頑張る”と思っていただければそんなに怖がる必要はありませんから、リラックスして検査を受けていただくことをお勧めします。

偶然発見した乳腺腫瘤

 年の瀬のあわただしい時期ですので、今日はちょっとゆるりとした話題にしたいと思います。

 当院は、他の医療機関からCTやMRIなど画像検査を依頼されて実施する施設なのですが、心臓CT検査のため50歳代の女性患者さんが、少し前当院検査部門を受診されました。その検査でたまたま乳房に腫瘤が確認され、外来診療中の私に連絡がありました。画像をみると、確かに左乳房全体を占める巨大腫瘤がありました。こんな時、もちろんその事実を伝えるべきではありますが、乳房のことは人によっては結構デリケートな問題で、よかれと思ってダイレクトに『しこりがあります!!』と言っても問題ないときと、例えば今回のように大きなしこりの場合は分かっていて自分の判断でそのままにしていることも結構あったりして、言い方によっては余計なお世話になることも意外とあります。そこで、その患者さんは心臓の超音波検査も同時に受ける予定でしたので、女性の超音波検査技師に検査の合間にそれとなく患者さんに心配ごとがないか、世間話をする雰囲気で聞いてもらったところ、乳房のことを話されたため、そのままスムーズに乳腺外来を受診していただけました。

 その患者さんによると、しこりがあるのはわかっていたけど、家庭のことなどいろいろ忙しくて、もちろん気にはしていたけれどなかなか受診できなかったそうです。心臓の検査のついでといってはいけませんが、乳腺の検査も受けられてよかったと言って帰られました。

 大きな腫瘍ではありましたが、結果は良性葉状腫瘍の診断でした。葉状腫瘍は再発など心配がないわけではありませんが、基本的には手術で切除すれば問題ありませんので、安堵しておられました。(少し前に無事に手術が終了したとの連絡がありました。)もし今回心臓の検査で当院を受診されなかったら、そのままにしていたと思うと本人より伺い、協力してもらった検査技師ともよかったねと話をしました。

 このように、肺や心臓など別の検査で偶然乳房のしこりを見つけることがしばしばあります。そして、この患者さんのようにスムーズに治療に繋がると嬉しいものです。もちろん、皆さんにはその前に定期的な乳がん検診を受けることをお勧めします。

 今年、そう言えば乳がん検診を受けなかったなと思われているこのブログの貴重な読者さんの中で、乳がんになる可能性のあるお年頃の皆さんには、当院でも乳がん検診を行っていますので、来年こそ必ず受けていただくことをお勧めします。検診による早期発見が大切です。

  新年が皆様にとって実り多き良い年でありますように!

AIC八重洲クリニック 乳がん検診(乳がんドック)のご案内

小さな線維腺腫は要注意?

 先日、40歳代の患者さんが左乳房のしこりに気付いたと受診されました。半年前に職場の一般健診を受けた際、乳がん超音波検診をオプションで受け、右乳房に8mmの線維腺腫を指摘されましたが特に問題ないと言われ、また左は異常なかったとのことでした。既往歴や家族歴はありませんでした。

 早速マンモグラフィと超音波検査を実施したところ、いずれの検査でも右には所見なく(検診で指摘された線維腺腫も確認できませんでした)、触知される左外上部に15mm大の腫瘤を確認しました。マンモグラフィでは凸凹のある乳癌疑いの腫瘤を認め、また超音波検査でも角のある腫瘤があり、境界がぼやけている印象で、腫瘤の脂肪織浸潤(皮下脂肪内に腫瘤が食い込む様子)も認められ、また厚みがある腫瘤であるなど、ひとつひとつの所見はマンモグラフィと同様やはり乳癌を疑うものでした。
 半年前の超音波検診で反対側(右)に指摘された線維腺腫なのか、またはここ半年で急に出現したかは不明ですが、半年前に確認された8mmの線維腺腫が急に消失して、逆の左に16mmの腫瘤が突然できたとは考えにくく、おそらくもともと左にあった腫瘤がこの半年で一回り大きくなったとしたほうが考えやすいです。
 とにかく、左の腫瘤はマンモグラフィでも超音波検査でも乳癌の可能性が高い所見でしたので、すぐに針生検を実施したところ、やはり乳癌の診断でした。

 乳癌は小さい腫瘤のときから画像で凸凹不整な形をして乳癌とわかりやすいものもありますが、小さい段階では良性っぽく見えるものも時々あります。
 この患者様の乳癌は充実腺管癌という組織型でしたが、このタイプは特に小さい場合、一見きれいな丸い形で良性の線維腺腫に見えなくもなかったりします。
 他にも、粘液癌や非浸潤性乳管癌など“一見”良性っぽくみえなくもない組織型がありますが、表面の構造や、形、内部の構造をより細かく慎重に確認すると、判別の大きな手助けになります。
 明らかに乳癌である腫瘤より、やはり一見良性にみえる腫瘤ほどひとつひとつの所見を慎重に確認しなければいけないと再認識した一例でした。

嚢胞が心配

 職場の一般健診のオプションで乳がん超音波検診を受けておられる患者様は多いと思います。その結果表でよく目にする“乳腺嚢胞”という所見がありますが、最近この所見を心配し受診される患者様がおられます。

 乳腺嚢胞とは、乳腺内で分泌物を乳頭まで運ぶ管(乳管)に分泌物が溜まり袋状になったもので(単純性嚢胞)、誰にでも認められる良性所見であり問題ありません。この所見を心配して受診された患者様にに対し、当院で再度超音波を実施してもやはり単純性嚢胞の所見のみで問題ないことがほとんどです。
 ただ、直近の超音波検診で“乳腺嚢胞”と診断された2人の患者様が、当院で乳癌と診断されるケースを最近続いて経験しましたので紹介させていただきます。

[ケース1]

3ヶ月前の検診で“右乳腺嚢胞”問題なし、最近左乳房から左ワキ周囲の痛みが気になるため受診された40歳代の患者様です。既往歴や家族歴はありませんでした。
左腕を挙げた時に痛みを感じるという主訴でしたので、肩関節周囲炎など整形外科的な症状の可能性が高いと考えましたが、念のためマンモグラフィと超音波検査で確認しました。

[ケース2]

 1ヶ月ほど前に受けた検診の判定表に“左乳腺嚢胞”良性所見で問題なしと記載されていたが心配なのでと受診された30歳代の患者様です。既往歴や家族歴はありませんでした。記載されている所見は問題ない旨説明しましたが、本人の希望もあり念のため超音波検査で確認しました。

 2人とも数ヶ月以内に乳がん超音波検診を受けていて“嚢胞”の所見のみでしたが、結論からすると2人とも当院にて精査の結果、乳癌の診断となりました。いずれも組織型は非浸潤性乳管癌(DCIS)でした。ともに超音波画像では一見“濃縮嚢胞”(後述)に見えるのかも知れませんが、境界部が粗造な印象の腫瘤像が同じ腺葉に複数連なっており、まず第一に非浸潤癌を疑わなければいけない所見でした。(乳腺には分泌物をつくり、それを乳頭に運ぶ働きがありますが、乳頭から外側に向かってみかんの房のようなユニットが複数集まった構造をしています。このユニットを“腺葉”と言います。)

 乳癌が乳房内に広がるパターンの一つとして、分泌物を運ぶ管(乳管)を這うように広がるものがあり、途中でいくつかの腫瘤が連なったような所見になる場合があります。ひとつひとつの腫瘤は確かに濃縮嚢胞にも見えないこともないですが、1つ1つの腫瘤をよく観察し、また全体像としても捉えるときちんと乳癌と診断できます。

 嚢胞で心配される方の多くはもちろん単なる嚢胞と思いますので、むやみに心配する必要はありませんが、今回2人の患者様が同じような所見でたまたま当院を受診して、乳癌の診断になったことで、私も少し驚いたので紹介させていただきました。

“嚢胞”が含まれる所見いろいろ

①単純性嚢胞
単純に分泌物が溜まっているのみ。超音波検査では無エコー腫瘤。

②濃縮嚢胞
単純性嚢胞の蛋白などの内容物がやや混濁している。超音波検査では低エコー腫瘤として確認できる。ただし、画像では主に線維腺腫など充実性腫瘤との鑑別が難しいことも。(今回のケースはこれに該当するのかな?)

③嚢胞内腫瘍
嚢胞内に充実部分(細胞成分)が確認できる場合は嚢胞内腫瘍(嚢胞内癌を含む)の可能性があり精査が必要です。

④小嚢胞集簇
小嚢胞が集まって認められる所見で、主に乳腺症が疑われるが非浸潤癌でもみられる所見であり、これも精査対象です。

乳がんでも手術したくない

【日々の診療より】

 30歳代後半の女性が左乳房腫瘤を主訴に受診されました。これまで元気で病院にはほとんどかかったことがなく、乳がん検診も受けたことはなかったそうです。家族歴もありませんでした。

 視触診上、左乳頭直下にφ30mm大の硬いしこりを確認、また左脇の下にもφ15mmまでの腫れたリンパ節を認めました。左乳癌腋窩リンパ節転移疑いの所見でしたので早速いろいろ検査を行いました。

【検査結果】

 マンモグラフィ上、左乳頭直下に背景乳腺濃度上昇を伴う構築の乱れカテゴリー4を認めました。また左腋窩には腫大リンパ節を認めました。超音波検査でもマンモグラフィの所見に一致して左乳頭直下にφ28mm大不整形低エコー腫瘤、また左腋窩には腫大リンパ節を複数認めました。乳腺腫瘤に対し針生検、腋窩リンパ節に対し細胞診を行い、予想通りの結果でした。

 局所的に進行していましたので、他臓器転移の有無を確認するためCT検査などを追加しましたが、幸いなことに他に病変を認めませんでした。画像所見からはステージⅡB(サブタイプはルミナールハーツータイプ※)の診断でした。標準治療としては、原則術前化学療法を行った後手術になる旨説明させていただきました。

【治療をどうするか】

 30歳代の若い女性でしたので、手術を含めた治療方法について心配されるだろうと思い、乳癌治療ではトップランナー的な施設へ紹介させていただきましたが、後日再度来院され“手術はしたくないので、知り合いが勧めているクリニックに行きたいと思っている”と相談されました。

 乳癌と診断された患者様の中には、この患者様と同じように乳房の手術に強い抵抗感があり、標準的な治療(根治、つまり病気が治る見込みがある段階では手術が必須)とは異なる治療方法を探す方も一部いらっしゃいます。重大な病気に対してどのような治療を選択するかは最終的にはご本人が決めるものですし、また一人一人の人生観なども関係してくることですから、その患者様にとって何がよい選択、悪い選択と一概に言えないことは一個人としては十分理解しています。ただし一人の乳腺外科医としては、やはり根治が見込める段階で発見されたのであれば、標準的な治療を選択することを勧めます。現在治験段階の凍結療法やラジオ波療法など、専門的な施設で手術の代わりとなる方法を行っている場合もありますが、これらの方法も大きな意味では手術と同様“病変を取り除く”治療と言えます。

 今回の患者様は凍結療法などとも異なり、乳房に何らの手を加えることのない治療のようでしたが、私としては標準的な治療で十分治る見込みのある段階であり、手術をする方向で考えて欲しいと時間をかけて説明させていただきました。この患者様は、最終的には当初の予定通りの施設を受診してくださいました。
特に、乳癌の場合乳房を失うという女性にとって非常に大きな問題を伴うこともあり、これについての考えは人それぞれであるとは思います。ただ、ひとりの医師としてはやはり乳房をどうするではなく、病気を治すことを最大の目標にしてより良い治療法を選択していただきたいと思っています。
 
※乳癌は“ステージ”と“サブタイプ”の2つから治療方法を決定します。サブタイプについてはまた別に説明する予定です。

視触診は必要か

先日、右ワキのリンパ節が腫れていると40歳代のふくよかな患者様が受診されました。

実は当院受診前に他院乳腺外科を受診し、画像上両側乳腺、腋窩(ワキ)ともに異常なしと診断されたそうですが、視触診してもらっていないのでわからなかったのではないかと心配で当院を受診されたそうです。

【患者さんデータ】

40歳代女性。右ワキリンパ節の腫張を訴えている。視触診をしてもらっていないことから不安になり受診。

私は、診察時問診の上で必要と判断した患者様に対し視触診を行っています。ですから、すべての患者様に視触診をしているわけではありません。ただし、ご本人が“しこり”を訴える場合は必ず視触診をしています。しこりがどのような性状か判断するのも理由のひとつですが、もうひとつの理由として本人がしこりと思っていても、正常乳腺組織の一部を“しこり”と訴えていたり、まったく乳腺外科の範疇ではないしこりを訴えている場合もあるからです。正常乳腺組織は個人差があり、硬く感じたり、しこりのように触れたりすることもあります。また、乳房や腋窩(ワキ)の粉瘤など(皮膚のおでき、皮膚科的疾患)を訴えて受診される場合も多いです。それと、患者様が“ワキのしこり”として受診される患者様で、正常な皮下組織(いわゆる脂肪)を“しこり”として受診されることも多いのです。

ここで、大前提として“しこり”を診察する場合、画像所見が重要で視触診は補足的な検査であることを知っていただきたいです。本当に“しこり”が存在するなら、必ずマンモグラフィや超音波検査で検出されます。逆に触って“しこり”と思ってもそれがマンモグラフィや超音波検査で存在しない場合は、“しこり”と自分が感じているだけです。

画像検査は触ってわかるしこりはもちろん、触ってもわからないしこりも検出できます。

この患者様を視触診したところ、やはり正常な皮下脂肪を“リンパ節が腫れている”と訴えていることがわかりました。ご本人が希望されましたので、念のためマンモグラフィと超音波検査で確認したところ、やはり両側乳腺、腋窩ともにまったく異常ありませんでした。

対策型検診(自治体が行う検診)では、2016年には国からの通達でその有効性が不明として視触診を乳がん検診の推奨から外しています。ただし、同年秋ある新聞ニュースにもなりましたが、約半数の自治体では視触診を継続していることがわかりました。

視触診を推奨から外す代わりに超音波検査を導入すべきとの意見もありますが、死亡率減少効果がデータ上明らかではないことや、超音波導入の体制づくりの問題もあり現時点では自治体検診ではマンモグラフィ単独検診が推奨されています。

ただし、都内でも一部の区ではマンモグラフィ、超音波検査が選べるようになっているところも出てきており、別項でも触れましたがいずれはマンモグラフィ単独では“しこり”タイプの乳癌が検出しにくい場合はマンモグラフィ+超音波併用検診の流れになってくると思います。

自己触診はなかなか判断が難しいことも多いとは思いますが、“しこり”かな?と思った場合は乳腺外科を受診してみてください。そして、画像検査で問題なければ安心していただいて大丈夫です。