乳がんにおける乳房再建について

Posted on


乳房再建の方法について説明します

 先週、シリコンインプラントするかお悩みの患者さんの話をしたのですが、その前に乳がん手術における乳房再建について基本的なことを書いたことがなかったですね。本日は乳房再建法について少し説明します。

 まず乳房再建法には大きく“自家組織”と“人工物“による再建法があります。
自家組織による再建は、自分自身の組織を手術した前胸部に移植する方法で、かなり昔から行われています。主なものには、広背筋皮弁再建や腹直筋皮弁再建があります。例えば、広背筋皮弁再建では、背中の上部にある広背筋とその部分の皮下脂肪や皮膚を、広背筋を栄養している血管を付けたままで、切除した乳房のあった前胸部にローテーションして移植する方法です。生きた組織ですので、再建した乳房も柔らかいものになります。
ただ、病気ではない部分にもメスを入れることになりますから、そこをどう考えるかです。身体への負担はやはり少し大きくなります。

 一方、シリコンインプラントによる再建については、通常のいわゆる“豊胸術”でなじみがあるかもしれません。豊胸術の場合はたいてい両側に入れると思いますが、乳がん手術においては現状、病気のある側だけに挿入することになります。挿入する位置は皮膚より遠い深い部分、乳腺組織や胸筋のさらに裏(肋骨側と言えばよいでしょうか。)に入れます。表面から触れた場合、皮膚や皮下組織、筋組織の層を通しての感触になりますから、インプラントの素材自身を直接触れるわけではありませんが、もともと乳房がとても柔らかい方であると、少し硬く感じるかもしれません。でも、この感触の違いについては患者さんの中では、かたちと比べるとそれほど大きな問題にはならないと思います。
また、メスを入れるのは乳がんのある乳房だけになりますから、身体への負担は自家組織移植と比べると少ないと言えます。ただし、人工物ですので感染などの問題、また一番問題になるのは患者さんが満足の得られる挿入ができるかどうかではないかと思います。外科医の腕の見せ所ですね。

 それぞれにメリットやデメリットありますので、十分確認した上で再建を受けるようにしてくださいね。

[参考ページ]
日本乳癌学会 患者さんのための乳癌診療ガイドライン
Q24.乳房再建について教えてください。
http://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g4/q24/

The following two tabs change content below.
当院常勤医、日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医 経歴 埼玉メディカルセンター 乳腺外科(旧 埼玉社会保険病院) 2016年4月 AIC八重洲クリニック 乳腺外科
最新記事 by 医師 遠藤 まり子 (全て見る)

当ブログについて

JR東京駅徒歩4分・地下鉄日本橋駅徒歩1分、AIC八重洲クリニック 乳腺外科のブログです。 乳腺外科医が、乳がんなどの乳房・乳腺の疾患について、わかりやすく解説いたします。
>>日々の診療より

最近の投稿

RSS 循環器内科ブログ

RSS 睡眠時無呼吸症候群ブログ

アクセス

住所
東京都中央区日本橋2-1-18
AIC八重洲クリニックビル

電話番号
03-6202-3375

診療時間
月火水金: 9:00 – 18:00

リンク