乳房のしこり:乳腺嚢胞と嚢胞内腫瘍

Posted on

先日、40歳代の患者さんが『右のしこりが大きくなってきました。』と来院されました。

以前より右乳房にしこりを自覚しており、2、3か月前に他院受診し超音波検査を受けて『嚢胞なので問題ない。』と診断されましたが、その後増大しており心配になったそうです。

以前も書きましたが、“乳腺嚢胞”とは乳腺内で分泌物を乳頭まで運ぶ管(乳管)に分泌物が溜まり袋状になったもので(単純性嚢胞)、乳腺が働いている閉経後あたりまでの年齢の方であれば誰にでも認められる良性所見であり問題ありません。ただ、過去のブログで触れたように、“嚢胞”を心配して当院を受診される患者さんの中で、ごくたまにですが単純性嚢胞ではなく、悪性や良性の嚢胞内腫瘍だったり、その他の腫瘍性病変だったりすることがあります。

この患者さんについて、まず触診をしたところφ40mmくらいのしこりを右乳房に触れました。硬い印象はなく、弾力があるようなしこりでした。マンモグラフィでみると、その腫瘤は丸いかたちをしており、一見良性の印象ですが、濃度が非常に高かったことからは悪性を念頭に置く必要がありました。超音波検査では液体成分(液体)と充実成分(腫瘍細胞)を含む混合性腫瘤であることがわかりました。嚢胞内腫瘍(良性の嚢胞内乳頭腫や、悪性の嚢胞内癌などがあります。)の所見です。液体成分を吸引したところ、血性成分が確認でき、残った充実部より吸引式組織診を行ったところ、やはり嚢胞内癌の診断となりました。

これまでにも、検診で嚢胞と診断されたけど心配でとか、嚢胞と言われているしこりが大きくなったりとか気になって当院を受診されるかたで、1年に何回かは単純性嚢胞ではなく、乳癌を含む腫瘍性病変であったということを経験しています。確かに、嚢胞と言い切るには難しい“嚢胞のような”病変は結構ありますので、たまにはいつもと違う施設で検診を受けてみるのもよいのかもしれません。

[過去記事]
嚢胞が心配


The following two tabs change content below.
当院常勤医、日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医 経歴 埼玉メディカルセンター 乳腺外科(旧 埼玉社会保険病院) 2016年4月 AIC八重洲クリニック 乳腺外科

当ブログについて

JR東京駅徒歩4分・地下鉄日本橋駅徒歩1分、AIC八重洲クリニック 乳腺外科のブログです。 乳腺外科医が、乳がんなどの乳房・乳腺の疾患について、わかりやすく解説いたします。
>>日々の診療より

最近の投稿

RSS 循環器内科ブログ

RSS 睡眠時無呼吸症候群ブログ

アクセス

住所
東京都中央区日本橋2-1-18
AIC八重洲クリニックビル

電話番号
03-6202-3375

診療時間
月火水金: 9:00 – 18:00

リンク