超音波検査(エコー)は、マンモグラフィーよりがんを見つけ出せるって本当??

【日々の診療より】

先日、20歳代後半の女性が職場の乳がん超音波検診で要精査になったと受診されました。

結果表には“右乳腺腫瘤、要精査”と書かれていました。その施設からは『若い方はマンモグラフィでは判りにくいので超音波を』と毎回勧められているとおっしゃっていました。

既往歴や家族歴はありません。体型、乳房ともかなりふくよかな患者様でした。

視触診上異常なく、持参した他院の超音波検査画像を確認すると、指摘されている病変は正常な乳腺組織内の単なる脂肪組織に見えましたが、マンモグラフィと超音波検査で確認しました。

患者さんデータまとめ

20代女性。既往・家族歴共になし。乳がん検診にて要精査の結果。

【検査結果】

マンモグラフィ、超音波検査ともに異常はありませんでした。

なお、マンモグラフィでの背景乳腺濃度※1は、“脂肪性乳腺”でした。

【今日のポイント】

現在、日本の乳がん検診は“40歳以上の女性、2年毎のマンモグラフィ検診”が推奨されています。この方法で乳がん検診を行った場合、乳がんによる死亡率の低下が明らかであるためです。多くの自治体ではこの推奨レベルをふまえ、40歳以上の女性に2年毎無料クーポンなどを配布していると思います。

これとは別に、40歳未満の方でも最近では職場の一般検診や人間ドックでオプションの乳がん検診を受けることも多いと思いますが、私の外来を受診される患者様の中で、今回の患者様のように、(一律に)若年層=超音波検診と説明されていたり、またインターネット記事の一部にも『マンモグラフィではしこりの検出困難、超音波検査がよい(これも一律に)』と書いてあったりするそうで、40歳を過ぎても超音波検査ばかり受けておられる方が時々受診されます。

確かに、超音波検査のほうが“しこり”を検出しやすい場合もありますが、あくまで“場合もある”です。若年層イコール超音波がよいではありません。今回の患者様のように若年者でも乳房内に脂肪組織が多く含まれるような場合(脂肪性乳腺)は超音波では見づらく、マンモグラフィのほうがはるかに小さなしこりを含め検出しやすいです。

また、乳癌は“しこり”で見つかるものだけではなく、“石灰化(しこりではない)”で見つかるようなものもあり、これに関しては早期にはマンモグラフィでしか検出できません。

とにかく、一律に“超音波がよい”は間違いであり、ケースバイケースなのです。ですから、乳房の検査は、乳腺外科医のもとでの検査をおすすめします。

※1 マンモグラフィで“しこり”をつくるタイプの乳癌を検出しやすいかどうかはマンモグラフィの背景乳腺濃度によります。これについては別項で説明します。

日々の診療より見えてくる乳癌についての正しい知識、間違った理解

【日々の診療より】

右胸のしこりと痛みを訴えて50歳代の患者様が受診されました。

既往歴に気管支喘息がありました。また乳癌の家族歴(母親)がありましたが、乳がん検診はほとんど受けたことがなく10数年前に一度マンモグラフィを受けたことがあるのみとおっしゃっていました。

視触診上、右外上部に45mm大の硬いしこりを触れました。しこりを押すと痛み(圧痛)も訴えました。視触診上乳癌疑いで検査を行いました。

【患者さんデータ】

50歳代女性、 気管支喘息の既往歴あり

乳癌の家族歴(母親)あり

しこりと圧痛あり

【検査結果】

マンモグラフィでは右外上部に分葉状腫瘤あり、腫瘤内部には悪性を疑わせる多形石灰化を認めました。超音波検査ではマンモグラフィと同じ部位にφ35mm大の不整形腫瘤、内部に高輝度スポット(石灰化)を認めました。生検で乳癌の診断となっています。

【乳癌の症状について】

私は日々乳腺診療をしていますが、最終的に乳癌と診断される患者様の症状を多い順にまとめると①自覚症状なし(乳がん検診で要精査になったので受診)、②しこりがある、③その他(血性乳頭分泌、最近出現した乳頭の陥凹、乳房皮膚の異常、乳房の硬化など)が主なものです。中でも当院では①、②がほとんどを占めます。

 

 

 

 

 

 

http://www.chielife.com/seiri/sikori.html

 

【アドバイス】

他の癌と同様に乳癌でも早期の段階では自覚症状が現れることはほとんどありませんが、この患者様のようにしこりが大きくなってきた場合には“しこり+痛み”“しこり+張り感”などしこりに付随した症状も出現してきます。

ここ数年、“痛み”の症状のみで乳腺外科を受診する患者様が急に増えている印象があります。また、最近では“痒み”で受診されることも多くなってきています。患者様から伺うと『痛い場合は乳腺外科へ』『痒い場合は乳癌かもしれない』とインターネットに書いてあるから心配になると言われます。私も患者様に言われて時々そのインターネット情報を読んでみたりしますが、悲しくなるくらい不確かな情報が氾濫しています。

特に、“痛み”や“痒み”はある程度の局所進行癌によって生じることもある症状の一つではありますが、もし直近で乳がん検診を受けているなら、通常その検診結果は“要精査”になっているはず

 

 

 

 

 

https://relax-job.com/more/ 33043

 

乳癌では(乳癌以外でも概ねそうですが)、自覚症状なし(乳がん検診で要精査になって見つかる乳癌)→進行する(しこりや血性乳頭分泌などの自覚症状が出てきて見つかる乳癌)の流れで発見されます。

もちろん、乳癌好発年齢層の患者様で検診をあまり受けたことのない方が、痛みのみを訴えて受診し、痛みの箇所と因果関係がはっきりしない部位に早期の乳癌が見つかることも経験としてないわけではありませんが、この場合どちらかと言うと“たまたまラッキーにも見つかった”と考えるほうが合点がいきます。

とにかく、マンモグラフィと超音波検査で大きな異常がない場合、症状が出現するような乳癌の存在を不安に考えるのはナンセンスです。心配であれば、一度乳腺外科で検査を受け異常なければ安心してくださいね。

 

 

 

【日々の診療より】~”乳房全体が硬い”という症状から発見された乳癌の一例~

【日々の診療より】

先日60歳代の女性が次のような訴えで受診されました。

『2ヵ月前から左乳房全体が硬くなってきて、乳首を引っ張っても動かないんです』と。患者様は、これまで病気をしたことがなく元気で、乳がん検診も受けたことがなかったそうです。

○患者さんデータまとめ

60代女性。既往歴なし。左乳房全体に硬化を訴え、外来を受診。

視触診上、左乳房全体の皮膚硬化と左外上部に4cm大の硬いしこりを触れました。

右乳房は年齢相応に軟らかく触れましたが、左乳房は患者様がおっしゃるように、触っても固定されたように動かず、全体的に硬くなっていました。また、皮膚も一部紫色に変色していました。

視触診で“炎症性乳癌”と考え、検査を行いました。

                       画像:http://www.gan-info.com/329.2.html

【検査結果】

マンモグラフィでは左乳房外上部に分葉状腫瘤、その周囲に広範囲に広がる構築の乱れを認めました。また左乳頭乳輪部を中心に皮膚肥厚も確認できました。

超音波検査ではマンモグラフィの腫瘤と一致する部位に不整形低エコー腫瘤を認め、また左乳腺全体の炎症像と皮膚肥厚を認めました。

広義の炎症性乳癌疑いにて生検を行い、乳癌の診断がついたため他院紹介となりました。

【今回のポイント】

炎症性乳癌は臨床的には比較的若年に発症し、皮膚の発赤、硬結、浮腫、熱感などの炎症所見を伴う癌です。豚皮状pig skinや橙皮様peau d’orangeと表現される(豚の皮や、オレンジの皮の表面のザラザラ感を想像してください)典型的な皮膚所見を示す場合もあります。狭義の炎症性乳癌では明らかな腫瘤を触れず、乳房3分の1を超える広範な炎症所見のみですが、二次性炎症性乳癌(広義、今回の患者様)では乳房内に明確な腫瘤を形成します。炎症性乳癌はこの患者様のように比較的急速に炎症症状が現れることが多く、また明らかな左右差を認めることから自覚症状として認識することはそれほど困難ではないですが、一般的に診断時には腋窩リンパ節転移など局所進行例が多くを占めます。

この患者様でも左腋窩に多発リンパ節転移を認めました。

画像:http://blogs.yahoo.co.jp/noranon3/13872527.html

 

ちなみに同じ乳房の炎症症状を呈する病態“急性乳腺炎”は授乳期に多くみられる細菌感染症です。授乳期でもないのに乳房の炎症症状(皮膚の発赤、浮腫や熱感、硬化)を認める場合は乳房検査をお勧めします。

 

【日々の診療より】~“乳腺分泌“という症状から発見された乳癌の一例~

【日々の診療より】

最近、次のような患者様が当院受診され、乳癌の診断となりました。

40歳代女性、既往歴や家族歴のない患者様でした。職場の乳がん検診で受けたマンモグラフィ撮影圧迫時、技師より黄色透明に近い右乳頭分泌を指摘され、乳腺外科受診を勧められたため当院受診されたそうです。

ちなみに、マンモグラフィの検診結果は両側異常なし、日常生活において下着が汚れるなど乳頭分泌の症状はなかったとのことです。

超音波検査をしたところ、右に異常があり(所見としては右小嚢胞集簇とそれに連続する乳管拡張像)生検を実施したところ非浸潤性乳管癌の診断でした。

○ 患者さんデータまとめ 

  40代女性。既往歴・家族歴なし。検診まで自覚症状なし。

図引用:http://www.kohjin.ne.jp/womens/nyuusen/byouki8.html

【本日の注目点】

乳頭分泌について

最近、インターネットなどでもいろいろ情報が得られるためか、乳頭分泌を主訴に受診される患者様が多くいらっしゃいます。

その中には、いわゆる“乳頭分泌”ではなく、乳頭乳輪部の皮膚が下着などで器械的刺激を受け乾燥、びらんを繰り返すなかで現れる浸出液を“乳頭分泌”と思い受診されることも多いです。これについては皮膚科的治療の対象ですが、自己判断できないこともあると思いますので、乳腺外科または皮膚科を受診し判断していただくことをお勧めします。

乳頭に開口している乳管(乳房内でつくられた分泌物が流ている管)は、片側乳頭に15~20本くらい存在します。その乳頭部乳管から分泌物が出てくる場合を“乳頭分泌”と呼びます。(乳頭を摘むと分泌物が水滴、ミルク滴のように現れます。)

図引用:http://polto.seesaa.net/upload/detail/image/0807-thumbnail2.JPG.html

乳頭分泌はその性状や色調により血性、漿液性、水様、乳汁様、茶色などに分類されますが、特に血性や茶色の場合は分泌物に血が混じっていることがあるため早めに乳腺外科を受診する必要があります。血が混じっている場合には乳癌が存在している可能性があるためです。また漿液性の場合、生理的な分泌であることもありますが、特に片側乳房からのみ分泌がある場合には、その乳房内に何らかの異常が隠れている可能性を考える必要があります。

乳汁分泌(ミルク)、水様分泌については、例えば卒乳後しばらくしてもみられることがあります。また、授乳の経験がないのに乳汁分泌が続く場合は高プロラクチン血症などホルモン異常の可能性もあります。ホルモン異常が疑われる場合は基本的には産婦人科での検査が必要になります。

【今回の患者様では】

今回の患者様の乳頭分泌は漿液性(黄色透明に近い色調)でした。

40歳代で片側乳房の漿液性分泌を呈し、また超音波画像上の所見が小嚢胞集簇と乳管拡張像であったことから、乳腺症を第一に考えましたが、局所的な病変(その部分だけに変化がある)であることから、乳癌(非浸潤性乳管癌)が存在する可能性も考慮し生検を行ったところ、前述の通り乳癌(やはり非浸潤性乳管癌)でした。

特に、片側であることは今回の診断においてのポイントであったと思います。